ガン検診の流れ!

ガンがあるか、ないかと言う判断をする検査を「ガン検診」と言います。胃がん、肺がん、大腸がん、乳房がん、子宮がんと言うようにガンができる可能性があります。そして、検査方法も変わってきます。■ガン検診では、それぞれのガンを見つけるのに最適な検査方法が用意されています。

<がん検診の流れ> そんな人が、ガン検診が行われます。そして一次検診(これをがん検診と言います)を行います。健康な人と、ガンの可能性がある人を振り分けます。※一次検診では、ガンの種類により検査が異なります。※乳ガン検診だと、「マンモグラフィ―」や「触診」があります。ここでガンの疑いがないと判断された場合は、今回は安心と言うことになります。(笑顔)ここでガンの疑いがあるとされた場合は、二次検診(精密検査)をすることになります。

当然、一次検診よりは詳しい検査が行われます。ここでガンの疑いがないと判断された場合は、とりあえず安心ですね。(笑顔)このように段階を踏んでガン検診を進めていきます。※ガンがあるかどうかの判断をすることになります。がん検診をして、ガンが発見されると言うことは、早期発見になります。その可能性が高いので、早期治療を行ってください。(笑顔)