フラット35利用の際に連帯債務者が必要?

フラット35を申し込む場合に、連帯債務者が必要となるケースが存在します。
この連帯債務者というのは、文字通り債務者と同様に返済の義務のある人物のことなのですが、どのような場合に必要になるかといいますと、購入した住宅に所有権者が2人以上いる場合ということになります。
共有者となる人物は、申し込み者の親、子、配偶者などの親族でなければいけません。
また共有者は申し込み者と同居している必要もあります。
ただし共有者が申し込み者の直系の親族である場合は、その限りではありません。
主に多いケースとしては親子でのリレー返済と呼ばれるものです。
子が親の後を引き継いで住宅ローンの返済を続けていくというものになります。
これを利用することによって、無理のない返済計画を立てることも可能となるのです。